ウォーキングをしている人へ

夕飯後にダイエットのために、ウォーキングしている人も多いのではないでしょうか?

そのウォーキング見直してみましょう。

 

ダイエットの効果を上げる秘訣があります!

①ウォーキングをスロージョギングへ変更する。

②夕飯を食べて30分後に行う。

③毎晩行う。

 

この3つで、劇的にダイエット効果が上がります!

スロージョギングとは?

会話できるくらいの、ゆっくりしたスピードで走ります。

ウォーキングで歩いているスピードで走ればいいのです。

心拍数はウォーキングより上がり、ちょうどダイエットに適した付近で常に維持されるようになりウォーキングよりも効果的に痩せます

ちなみにウォーキングでは、心拍数は『体型の現状維持』レベルまでしか上がりません。

よほどポッチャリさんだと、歩くこと自体で自重でトレーニングになるのですが、

ちょっとポッチャリさんだと、その効果も望めません。

 

ゆっくりしたスピードでも『走る』ことで、地面から足が離れる瞬間がありますよね?

これこそが、ダイエットにとても効くのです!!

スロージョギングは、とてもとても小さなジャンプを繰り返すことになります。

この小さなジャンプが筋肉と骨さらに筋を刺激し強化します。

ウォーキングとは比べ物にならないくらい筋肉を使うことから、痩せるのです。

ウォーキングのスピードで走るので、ジャンプも小さくケガのリスクもとても少なく、お年寄りでも行えます。

そして、ウォーキングように30分~1時間行うので、速筋ではなく遅筋が鍛えられ『足が太くなってしまう』心配もありません。

 

夕飯後30分したら行う

血糖値が高いヒトは、食事後30分したら運動を行えば血糖値が下げられます。

これをダイエットに応用します。

食事を採って、30分後から血糖値が上がるのでスロージョギングを行うことで、

運動してエネルギーとして使ってしまします。

そうすれば夕食のカロリーを消費し、血糖値を下げた状態で就寝まで持ってこれます。

余った糖分が脂肪になることなく、さらに寝ている間も筋肉の修復で栄養が使われます。

 

毎日行う

毎日行うことで、夕食のカロリーを毎日消費します。

夕食後に何か食べるのはNGです。

夕食後にスロージョギングして、カロリーをしっかり消費して眠ってください。

次の朝に体重を測ると、だんだんダイエットしていくのが分かります!

体脂肪については、

朝と夜の体脂肪率が違う理由- いつ体脂肪率を測るとよいか?この記事のように朝は計測するのにお勧めしません。

 

元ボクサー
①歩くスピードで走ってね。②夕飯後30分したら開始。③毎日頑張ろう! これでウォーキングよりも何倍も効果的なダイエットになるよ!