お役立ち情報!

朝と夜の体脂肪率が違う理由- いつ体脂肪率を測るとよいか?

投稿日:

朝起きて体脂肪率を測った時と夜にお風呂へ入る前に測った時、数値が全然違うと思ったことありませんか?

今回は、そんな話。

 

朝の体脂肪率と夜の体脂肪率が違う!

夜ご飯を控えたのに、朝楽しみに体重を測ると『体脂肪率が高い!!』ってショックを受けたことありませんか?

私は、ありますw

 

逆に夜ご飯食べ過ぎたのに、お風呂に入る前に測定すると体脂肪率が低いことも。

これってどういうこと?

 

理由その一:測定方法

家庭用体重計の体脂肪率を測るのは、生体インピーダンス法というものです。

これは身体に微細な電気を流し、その抵抗がどれくらいあるか?ということで測定するものとなります。

 

電気信号で動く筋肉は電気が流れやすく、一方の脂肪細胞は水分をあまり含まない性質があるため電気の流れが悪い特性があります。

つまり『体脂肪の多い人は電気が流れにくい=抵抗が大きい』となります。

 

理由その二:水分量

電気の流れで測定する訳ですが、身体の中の水分は常に変化します。

その大きな原因は、睡眠。

 

睡眠は何時間もの間、水分を摂取しない状況が続きます。

そして動作も極端に少なくなります。

 

睡眠が招くのが、身体内の水分量の激変です。

寝ているとき、汗はかきます。

でも水分摂取はしない。

 

そうすると身体は、寝ているときも活動する体幹部に水分を集め、四肢の水分量は少ない状態となります。

家庭用体重計は足から電気を通す仕組みです。

 

朝に測定すると、足の水分は一番少ない状態になっているため電気抵抗が大きくなります。

そして結果として『抵抗が大きい=脂肪が多い』として評価されてしまうのです。

 

いつ測ればいいの?

ヒトの身体の水分分布が一番安定しているのは、PM6:00~PM9:00と言われています。

この間に体脂肪率を測定すると、一番正しい数字で計測できます。

 

ただし、身体の中の水分量は日内変動が大きく、例えば水分補給量・排泄・体温など様々な要因で値が前後します。

お風呂の前後でも変わるため、『お風呂に入る前』なら毎回その時に測定するなど、条件をなるべく一定にすることが大切です。

また、日内変動の高いデータをより正確にするために、長いスパンで参考にするということも大切です。

3日ほどだとデータの正確性も「水分に左右されたもの?」という疑問がありますが、

1ヶ月かけて徐々に体脂肪率が下がってきているデータなら、それは「体脂肪が減った!」ことを表します。

 

 

朝に体脂肪率が上がっていてもガッカリしないでください。

人間の身体って不思議ですね!

 

オススメ体重計はコレ

実家で使っていて、最近の体重計はこんなに色んな体の測定してくれるの!?と感動しました。

ウチにも導入済み!

-お役立ち情報!
-

Copyright© 筋トレでフォクシーになっちゃおう! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.